これからホームページを発注する方向け

オリジナルコンテンツ制作のための3つの工夫

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

お客様からいただいたサイト用の原稿が他サイトからの盗用だったのでなんだかショックを受けた今日です。盗用はやってはいけません。(すぐに気がついたため、いけないことだとお伝えし、書き直してもらうことになりました。)

ただ、普段文章を書く仕事をしていない方や文章を書くのが得意ではない方がサイトの文章を作らなければならないとなると、これはなかなかに辛い、、というのはすごく理解できます。

WebではSEOやマーケティング視点から「オリジナルコンテンツ」が求められます。
「オリジナル」と聞くとハードルが高く感じられますよね。

お客様へのヒアリングで時々あるのが、自社のサービスやビジネスが他の会社と特に大きな違いがなく、うちだけの特徴として書けることがないというもの。
いざオリジナルの文章と言われても他と差別化できるポイントもなく同じような文章になってしまう…と思われる場合もあるでしょう。

サイトのテーマや扱う商品やサービスによってはどうしても同じような情報を載せることになってしまうこともありますね。
金太郎飴のように他サイトと同じようなコンテンツばかり載せるわけにもいきません。差別化をはかるにはどうしたらよいのでしょうか?

今回はオリジナルコンテンツを制作するのために取り入れられそうなこと3つをご紹介いたします。

スマートフォンサイトの注意点

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

近年サイトをスマートフォンに対応させるニーズが高まっています。私もレスポンシブWebデザインという手法でスマートフォンに対応したサイトの制作をすることが増えました。

これまでの制作経験からユーザーに使ってもらえるスマートフォンサイトを制作するための基本的な注意点、気にするべきポイントをまとめてみます。

デザインから発想のスタートをしないほうがよい理由

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

よく木に例えて説明するのですが、制作は「根っこ→幹枝→葉っぱ」の流れで考えられるべきではないかと思っています。コンセプトや戦略が根っこで、webであればコンテンツや情報設計が幹枝、デザインやJavaSscriptなどの技術が葉っぱです。

tree

デザインが好きな方は見た目や雰囲気をまず重視してしまうかもしれません。

しかし例えばロゴをデザインするときでも、コンセプトや表すもののバックグラウンド、歴史や伝えたいメッセージなどから考えたりするもので、ただ形や色だけの発想だけで制作をしてしまうと完成品は上辺の発想で作られた薄いものとなってしまいます。

やはりしっかりしたコンセプトや戦略からスタートし、それに基づき計画や設計を立てたり思考を働かせ、それらが最大限に活かされるデザインや技術を実装することがベストです。

サイトへの流入経路を作ろう

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

Webサイトは「何も考えずただ作っただけ」ではユーザーに存在を知られていないのでなかなか人を集めることができません。
砂漠の真ん中にお店を作ったようなもので、見つけてもらうことができないのです。
Webサイトにユーザーを集めるためにはユーザーに来てもらうためのルートを作る必要があります。

Webサイトの見た目は最終的にはユーザーに委ねられる

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

私がデザイナーになった当初に知って、今以前より注目されているのではないかというWebの特徴があります。それは「Webサイトの見た目は最終的にはユーザーに委ねられる」というものです。

Webは印刷物と違い固定の見た目というものが存在していません。私はPCはMacを使用していますが、Windowsとは文字などの見え方が違います。同じMacでも使うブラウザによって若干違いがあります。モニタの解像度の設定によっても見える範囲が違いますし、色も各自の設定によって変わります。またPCなのかタブレットなのか、スマートフォンなのかなど選ぶデバイスによっても見え方は変わります。

すべての人が同じに見えることはないというのがWebであり、そしてそれは便利で面白い特徴だと私は思います。

サイトで一番大切なもの「コンテンツ」

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

Webサイトを制作する(発注する)とき、デザインが好きだからと「Webサイトの見た目をどうするか」が一番の関心事という方もいらっしゃいますが、デザインをスタート地点にしたWebサイト制作では成功するサイトは作れません。なぜでしょうか。

あなたが普段Webサイトを訪れるときのことを想像してみてください。
何を期待して訪れていますか?

「冷蔵庫にある材料でできるレシピ」「今度旅行で行く場所の観光情報」「今日のニュース」「評判の歯科医」「好きな洋服屋さんのセール情報」「友達の出産祝いに最適な品」「どんな会社か」「どんな学校か」「どんなお店か」「どんな活動をしているのか」など、その先には必ず何か知りたいことや見たいと思うものがあると思います。人はその知りたいことのためにWebサイトに訪れます。そしてその内容が充分であれば、目標が達成され人は満足します。