これからホームページを発注する方向け

サービスごとに独自ドメインを持つべき?

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

フリーランスWebデザイナーの山本です。

クライアント様の中には、複数のサイトを運用されていて、サービスごとにドメインを取得されていらっしゃる企業様も多いです。

ほとんどは、サイトごとに独自ドメインを取得されても問題ない場合が多いのですが、ときどき、ドメインを変えないほうがよかったのでは?と思うサイトも存在します。

サービスごとにドメインを変えないほうがよい場合

サービスごとにドメインを変えないほうがよい場合とはどういう場合かと言えば、、

SEOは後から導入?! いえ、サイト制作時からの導入がおすすめです!

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

フリーランスWebデザイナーの山本です。

SEOという言葉が有名になり、たくさんの方が検索順位や検索対応のための施策について興味を持たれるようになりました。

世の中には「コンテンツを作ればいい」「被リンクが大切」など様々な情報がSEOとして出回っていますし、業者から「サイトを検索上位表示させる対策をしますよ」と営業を受けられた方も多く、SEOとは何か後から対策するもので、Web制作とは無関係であると思われる方もいらっしゃるように感じます。

私自身長く制作を行ってきて、そして自身のSEOの知識と照らし合わせてみても、後からできることもあれば、制作時に行っておかないと難しいこともあり、別物とみなして、SEOの知識のない制作会社(または制作者)に発注してしまうと、検索を意識される方にとってはマイナスなのではないかと感じています。

実はとっても重要な構成案(ワイヤーフレーム)について知ろう!

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

フリーランスWebデザイナーの山本です。
Webサイト制作を発注したら、デザイン制作の前段階のステップとして多く導入されているのが、構成案(ワイヤーフレーム)の提出ではないかと思います。

この構成案ですが、サイトにとって実はとっても重要なものになるため、クライアントの立場の方もどういうものか理解しておいたほうがよいのではないかと常々思っています。
ということで、構成案(ワイヤーフレーム)とはどのようなものなのか、まとめてみたいと思います。

UXとは?どうして注目されているのか?

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け, 用語集

Web制作の現場にいると「UX」という言葉をよく耳にします。
UXとは何なのか、どうして注目されているのかを、UXのイベントに参加したり、書籍を読んだりして学んだことからまとめてみたいと思います。

Webサイト制作を依頼するときの注意点

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

制作会社にサイトを制作したけど、失敗した!ということにならないために、Webサイト制作を依頼するときに気をつける点をまとめてみました。

Webデザインのチェック項目

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

Webデザインをどうチェックしてよいかわからない、という方のために、Webデザインのチェックのポイントをまとめてみました。
デザインというとつい見た目の雰囲気にとらわれがちですが、Webは「操作」が必要なメディアですので、使いやすさも含め確認することでよいサイトが完成します。しっかり確認してユーザーを混乱させたり、失望させることがないサイトを手に入れましょう!

Webサイトの制作フロー

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

一見それほど重要ではないように思われますが、制作フローはサイト制作の成果にも影響します。発注者の方が制作フローを理解されることがビジネス用Webサイトの成功に繋がるのではないかと日々感じています。失敗しない発注のために、Webサイト制作フローのそれぞれのステップについて書き出してみたいと思います。

ページの表示速度に気を配ろう!パフォーマンスの話

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

目に見えるデザインと違い、なかなか意識されづらいのが、サイトの表示速度ではないかと思います。
実はこのサイトの表示速度、コンバージョンレート(商品購入や資料請求、会員登録などに至る割合)にも影響を与えるとても重要な要素です。

モバイルを中心にサイトを考える

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

注:2014年の記事をリライトしています。

2016年、モバイルからのインターネット利用がデスクトップからの利用数を追い抜きました
インターネットユーザー

以前はインターネットといえばPCしかありませんでしたが、すでに時代は代わり、インターネットといえばモバイルと言ってしまっても良いかもしれません。
PCを持たないモバイルオンリーユーザーも増加し、モバイルからのサイトへのアクセスがPCからのアクセスよりも多いというのはすでに多くの業界で見られる現象です。

2014年にこの記事を書いたときは、モバイルユーザーが増加するので、モバイルファーストでサイトを作りましょうという内容を書きました。
現在はモバイルファーストではなくモバイルオンリーのサービスも増えてきています。

今後ますますモバイルを利用したサービスが増加することが考えられますので、モバイルを前提とした顧客との接点づくりを行っていかなければなりません。

コピーライティングで意識したい「訴求ポイント」

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

Webサイトで効果を出すには?と考えるとはやり外せないのがコピーライティング。少しでもコツがつかめればと思い「ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則」などライティングに関する本を読んでみました。
その中から自分用のメモとしてもサイト用のライティングで取り入れたいポイントをまとめてみます。