これからホームページを発注する方向け

サイトへの流入経路を作ろう

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

Webサイトは「何も考えずただ作っただけ」ではユーザーに存在を知られていないのでなかなか人を集めることができません。
砂漠の真ん中にお店を作ったようなもので、見つけてもらうことができないのです。
Webサイトにユーザーを集めるためにはユーザーに来てもらうためのルートを作る必要があります。

Webサイトの見た目は最終的にはユーザーに委ねられる

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

私がデザイナーになった当初に知って、今以前より注目されているのではないかというWebの特徴があります。それは「Webサイトの見た目は最終的にはユーザーに委ねられる」というものです。

Webは印刷物と違い固定の見た目というものが存在していません。私はPCはMacを使用していますが、Windowsとは文字などの見え方が違います。同じMacでも使うブラウザによって若干違いがあります。モニタの解像度の設定によっても見える範囲が違いますし、色も各自の設定によって変わります。またPCなのかタブレットなのか、スマートフォンなのかなど選ぶデバイスによっても見え方は変わります。

すべての人が同じに見えることはないというのがWebであり、そしてそれは便利で面白い特徴だと私は思います。

サイトで一番大切なもの「コンテンツ」

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

Webサイトを制作する(発注する)とき、デザインが好きだからと「Webサイトの見た目をどうするか」が一番の関心事という方もいらっしゃいますが、デザインをスタート地点にしたWebサイト制作では成功するサイトは作れません。なぜでしょうか。

あなたが普段Webサイトを訪れるときのことを想像してみてください。
何を期待して訪れていますか?

「冷蔵庫にある材料でできるレシピ」「今度旅行で行く場所の観光情報」「今日のニュース」「評判の歯科医」「好きな洋服屋さんのセール情報」「友達の出産祝いに最適な品」「どんな会社か」「どんな学校か」「どんなお店か」「どんな活動をしているのか」など、その先には必ず何か知りたいことや見たいと思うものがあると思います。人はその知りたいことのためにWebサイトに訪れます。そしてその内容が充分であれば、目標が達成され人は満足します。