ユーザー目線

発注者目線でのサイト制作は上手くいかない?!ユーザーはサイトをどう見る?

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

フリーランスWebデザイナーの山本です。
サイト制作を行っていると、デザイナーという肩書きのせいか、お客様が最も気にされるのが「デザイン」であることが多いです。多くのお客様がサイトの見た目を気にされ、そしてそれは当然のことだと思っています。

しかし、サイトがユーザーに役立つためには、見た目についとらわれてしまいがちな発注者目線が邪魔になってしまうことがあるな、と思うことがしばしばあります。

サイト制作におけるよくある発注者の視点とユーザーの視点の違い

発注者の方はサイトを眺めがち。ユーザーはサイトを眺めず、自分の目的達成のためにサイトを使う。

サイト内に掲載されている情報について熟知している発注者の方は、綺麗にできているかどうかサイトを眺めて「デザイン」を確認する傾向にあります。

ユーザーは「自分の目的の達成」のためにサイトを使います。
ユーザーは早く自分の目的を達成したいと思っています。

コピーライティングで意識したい「訴求ポイント」

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

Webサイトで効果を出すには?と考えるとはやり外せないのがコピーライティング。少しでもコツがつかめればと思い「ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則」などライティングに関する本を読んでみました。
その中から自分用のメモとしてもサイト用のライティングで取り入れたいポイントをまとめてみます。