サイトで一番大切なもの「コンテンツ」

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

Webサイトを制作する(発注する)とき、デザインが好きだからと「Webサイトの見た目をどうするか」が一番の関心事という方もいらっしゃいますが、デザインをスタート地点にしたWebサイト制作では成功するサイトは作れません。なぜでしょうか。

あなたが普段Webサイトを訪れるときのことを想像してみてください。
何を期待して訪れていますか?

「冷蔵庫にある材料でできるレシピ」「今度旅行で行く場所の観光情報」「今日のニュース」「評判の歯科医」「好きな洋服屋さんのセール情報」「友達の出産祝いに最適な品」「どんな会社か」「どんな学校か」「どんなお店か」「どんな活動をしているのか」など、その先には必ず何か知りたいことや見たいと思うものがあると思います。人はその知りたいことのためにWebサイトに訪れます。そしてその内容が充分であれば、目標が達成され人は満足します。

逆にどんなに綺麗なデザインのWebサイトであっても、期待した情報が得られなければ満足は得られません。
そのようなWebサイトは言い換えるならば、内装は綺麗なのに食べたい料理のないレストラン、内装は綺麗なのにつまらない映画ばかり上映する映画館のようなものです。
人々は食べ物や映画を求めて訪れるのであり、それがおろそかではどんなに綺麗に装飾をしても人を惹き付けることはできません。

Webサイトも同様で最も力を入れるべきは載せる内容(コンテンツ)なのです。

記事を共有する

この記事を書いた人

プロフィール画像

山本美代子
フリーランスWebデザイナー。
美術系大学後、情報誌の会社の制作部、Web制作会社を経てフリーランスに。
ビジネスに貢献できるサイト制作のためにUXやマーケティングの勉強中です。 ペーパープロトタイプ作成後、デザイニングインザブラウザにてUIデザインを行う制作スタイルで制作しています。