SEOの本質はテクニックではない

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

フリーランスWebデザイナーの山本です。

SEOを実施したいのですが…という相談を受けることが時々あります。
その中でも、SEO=テクニックと思われていらっしゃる方は、本質を掴めていないことがSEOを実施するためのハードルになっているのではないかと思うときがあります。

もちろん空手などの型のように、テクニックを身につけることで本質を理解できることもあるのだと思いますが、徹底してテクニックを実施できるのではない限りは、本質を理解しないと実施は難しいように感じています。

SEOの本質

SEOの本質は、ユーザーのことを考えた情報提供、これにつきると思います。
ユーザーに満足してもらうことを徹底的に考えた情報提供を行う姿勢がSEOの本質です。

具体的にどういったところに現れてくるかといえば、以下の2つが挙げられます。

  • 良質なコンテンツ
  • 使いやすくわかりやすいサイトを作ること

良質なコンテンツ

良質なコンテンツとはどのようなものでしょうか?
良質なコンテンツについては Googleウェブマスター向け公式ブログの「良質なサイトを作るためのアドバイス」に具体的な説明が載っています。

要約すると、専門家による信頼できる情報で、他のサイトにない独自の情報が載っており、しっかりとした編集のもとあたりまえの情報だけではない、深い洞察や興味深い情報を含んだコンテンツであると言えます。

良質なコンテンツを作るのは簡単なことではありません。

2017年、Googleは低品質コンテンツに対して順位を下げる施策を実施しました。
コンテンツさえ作ればよいと、独自性に乏しかったり内容が薄いページを作っても意味がないばかりか、検索順位には悪影響を及ぼします。

自社のサービスや商品について情報を知りたいと思っているユーザーに専門家として丁寧に説明を行うことは、ビジネスとしても有効ですし、ユーザーのために行動することが結果、検索順位にも影響します。

ユーザーのことを考え、どんな情報があれば満足できるのか? 過不足はないか? ユーザーが知りたいことの答えとなっているかなど、しっかり考えてコンテンツを制作する必要があります。

使いやすくわかりやすいサイトを作ること

使いやすくわかりやすいサイトのベースを作るのは、プロの仕事であるとも言えます。
取り扱い商品が多く複雑なサイトになればなるほど、SEOの知識を持って正しくサイトを作れるプロにお願いするべきだと思います。

ただ、使いやすくわかりやすいサイトには、日々の運用で作られる部分も数多くあります。

ブログのタイトルの付け方やリンクのテキストや関連情報への誘導などがそれに該当します。

運用で使いやすくわかりやすいサイトを実践するには

運用で使いやすくわかりやすいサイトづくりを実践するには、このサイトでも何度も紹介している検索エンジン最適化スターターガイドを読むのをおすすめしています。

SEOの基本がしっかり載っています。
ロボットに情報を届きやすくするテクニックの紹介でもあり、実践することで結果ユーザーのためになるような施策も多く紹介されています。

これはいつもお世話になっているUX DAYS TOKYOを主催されている菊池氏、大本氏がいつも言っていることなのですが、基本=簡単なことではありません
基本には最も大切なことが集約されています。

基本を実行するのは容易ではありませんが、基本を実行することが実は最も効果が高いと考えます。

実はこのスタートガイドの内容を実践できていないWebデザイナーや制作会社も存在しています。
基本は最も重要であるにも関わらず軽視されやすい側面があり、だからこそしっかり身につけることで差が出てきます。

スタートガイドを読んでも難しくて理解できない方いらっしゃれば、お声かけください。法人向けに講習を行うこともできます。

本質を理解できていれば実施するのも容易に

本質を理解することは、基本の実施を行うにも、コンテンツを作るときにも生きてきます。
何のためにこれを行うのか、テクニックだけで実施するのは大変ですが、ユーザーのためにという気持ちが伴い、ユーザーのために丁寧なサイト作りが身につけば、本質を理解できていないときよりも実施は容易になることでしょう。

「ユーザーのことを考えた情報提供」という本質を理解したうえで、基本の実践を行うことができれば、結果ユーザーにもGoogleにも評価されるサイトに繋がるはずです。

タグ:

記事を共有する

この記事を書いた人

プロフィール画像

山本美代子
フリーランスでWeb制作を行なっています。
美術系大学後、情報誌の会社のWeb制作部、Web制作会社を経てフリーランスに。
ビジネスに貢献できるサイト制作のために、UXデザインや結果のでやすいUIパターン、ユーザビリティについて学び、実践しています。
サイト制作についてのご相談などお気軽にお問い合わせください。