ユーザーは何をしにあなたのサイトに訪れますか?

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

フリーランスWebデザイナーの山本です。

サイトには自分たちの言いたいことをしっかり載せさえすれば成功するか?といえば、実際はそうではありません。
サイトを使うのはユーザーであり、ユーザーにはそれぞれサイトに訪れ果たしたい目的があります。
ユーザーの目的も考慮してサイトを作らないといけません。

SEOを意識するなら、Facebookではなくサイトの更新を!

公開日:
カテゴリー:
初めてホームページを運用する方向け

Facebookで友達とコミュニケーションを多くとっていらっしゃる方の中に、ときどき会社の情報発信をすべてFacebookで完結されてしまわれる方がいらっしゃいます。

サイトの検索順位を気にしつつも、情報発信はFacebookのみ。
しかし、実際にはFacebookだけを更新してもサイトの検索順位には影響しません。

サイト作り=情報作り

Webデザイナーの山本です。

サイト制作を行なっていて、つくづく実感するのは、「サイト作り」の核は「情報作り」であるということです。

Webデザイナーに発注すればサイトが完成するというのは確かにその通りなのですが、いざ結果に繋がるサイト作りとなると、HTML・CSS、ビジュアルデザインなどの技術だけでは、全く結果には繋がりません。

Webデザインは綺麗に装飾された箱のようなもの

先日お客様に空っぽの箱を持っていき、Webデザインとはこの箱のようなものですとお伝えしました。

空っぽの箱、つまりは、中身がないと価値が薄い、それがWebデザインだと感じています。

Webサイトの主役はいつも必ず「情報」であると考えます。

SEOの本質はテクニックではない

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

フリーランスWebデザイナーの山本です。

SEOを実施したいのですが…という相談を受けることが時々あります。
その中でも、SEO=テクニックと思われていらっしゃる方は、本質を掴めていないことがSEOを実施するためのハードルになっているのではないかと思うときがあります。

もちろん空手などの型のように、テクニックを身につけることで本質を理解できることもあるのだと思いますが、徹底してテクニックを実施できるのではない限りは、本質を理解しないと実施は難しいように感じています。

SEOの本質

SEOの本質は、ユーザーのことを考えた情報提供、これにつきると思います。
ユーザーに満足してもらうことを徹底的に考えた情報提供を行う姿勢がSEOの本質です。

サービスごとに独自ドメインを持つべき?

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

フリーランスWebデザイナーの山本です。

クライアント様の中には、複数のサイトを運用されていて、サービスごとにドメインを取得されていらっしゃる企業様も多いです。

ほとんどは、サイトごとに独自ドメインを取得されても問題ない場合が多いのですが、ときどき、ドメインを変えないほうがよかったのでは?と思うサイトも存在します。

サービスごとにドメインを変えないほうがよい場合

サービスごとにドメインを変えないほうがよい場合とはどういう場合かと言えば…

サイトを修正したら数値の変化を確認し、よい施策だったのか検証しよう!

公開日:
カテゴリー:
初めてホームページを運用する方向け

自社サイトをよりよいサイトにしたい!と日々思っている方は多いのではないでしょうか?
社内でサイトをより良いものにするための話し合いなどを行われる会社も多いでしょう。

「もしかしたらここはこうしたほうが良いのでは?」
「この内容をもっと前に出したほうが伝わると思う」

など活発な意見が出て、サイトを修正されることもあるかと思います。

私もデザイナーとして、サイトを良くするための修正依頼をいただいて対応することがたびたびあるのですが、その際に気になるのが、修正だけ行って修正の結果どうなったのか確認しない方が多いということです。

SEOは後から導入?! いえ、サイト制作時からの導入がおすすめです!

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

フリーランスWebデザイナーの山本です。

SEOという言葉が有名になり、たくさんの方が検索順位や検索対応のための施策について興味を持たれるようになりました。

世の中には「コンテンツを作ればいい」「被リンクが大切」など様々な情報がSEOとして出回っていますし、業者から「サイトを検索上位表示させる対策をしますよ」と営業を受けられた方も多く、SEOとは何か後から対策するもので、Web制作とは無関係であると思われる方もいらっしゃるように感じます。

私自身長く制作を行ってきて、そして自身のSEOの知識と照らし合わせてみても、後からできることもあれば、制作時に行っておかないと難しいこともあり、別物とみなして、SEOの知識のない制作会社(または制作者)に発注してしまうと、検索を意識される方にとってはマイナスなのではないかと感じています。

続きを読む

【ざっくり知りたい人向け】Googleサーチコンソールって何をするもの?

公開日:
カテゴリー:
Web制作に関する用語

Googleサーチコンソールの名前を耳にされたことはあっても、何に使うのか知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は細かい使い方の説明抜きで、Googleサーチコンソールとはどんな時に使うもので、Googleサーチコンソールで何がわかるのかをご紹介いたします!

Googleサーチコンソールとは、検索エンジン(GoogleBot)とやりとりするもの

Googleサーチコンソールを使うことで下記のようなことができます。

・検索エンジンから見た現在のサイトの情報がわかる
・検索エンジンにサイトの状況などを伝えることができる

Webの運用担当者が身につけておくとよい知識と技術

公開日:
カテゴリー:
初めてホームページを運用する方向け

フリーランスWebデザイナーの山本です。
サイトがビジネスのプラスになるには運用担当者の方の力がとても大切です。
いくつものサイト制作に関わる中で感じた、運用担当者の方が身につけておくとよいのでは?と思う知識と技術について今回はまとめてみたいと思います。

1.どんなサイトがよいサイトなのかを知っておくことはとても大切

前提としてまず、「どんなサイトがよいサイトなのか」を知っておくこと、これはとても大切だと言えます。
外部に制作をお願いしていても、最終的にジャッジするのは、社内の方になります。
社内で意思決定するときや指示を出すときに、方向性が間違っていれば、どんなに手をかけてもよいサイトにはなりません。

実はとっても重要な構成案(ワイヤーフレーム)について知ろう!

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

フリーランスWebデザイナーの山本です。
Webサイト制作を発注したら、デザイン制作の前段階のステップとして多く導入されているのが、構成案(ワイヤーフレーム)の提出ではないかと思います。

この構成案ですが、サイトにとって実はとっても重要なものになるため、クライアントの立場の方もどういうものか理解しておいたほうがよいのではないかと常々思っています。
ということで、構成案(ワイヤーフレーム)とはどのようなものなのか、まとめてみたいと思います。