モバイルを中心にサイトを考える

公開日:
カテゴリー:
これからホームページを発注する方向け

注:2014年の記事をリライトしています。

2016年、モバイルからのインターネット利用がデスクトップからの利用数を追い抜きました
インターネットユーザー

以前はインターネットといえばPCしかありませんでしたが、すでに時代は代わり、インターネットといえばモバイルと言ってしまっても良いかもしれません。
PCを持たないモバイルオンリーユーザーも増加し、モバイルからのサイトへのアクセスがPCからのアクセスよりも多いというのはすでに多くの業界で見られる現象です。

2014年にこの記事を書いたときは、モバイルユーザーが増加するので、モバイルファーストでサイトを作りましょうという内容を書きました。
現在はモバイルファーストではなくモバイルオンリーのサービスも増えてきています。

今後ますますモバイルを利用したサービスが増加することが考えられますので、モバイルを前提とした顧客との接点づくりを行っていかなければなりません。

モバイルECの市場の拡大も

オンライン決済、スマホ決済の動向整理 – 消費者庁によると20代は半数以上、30代でも約半数がオンラインショッピングでの購入にスマートフォンを利用しているそうです。
オンラインショッピング利用状況

スマートフォン経由の市場規模の拡大比率も、前年比 28.7%増となっているようです。
市場規模

物販分野における 2016 年のスマートフォン経由の BtoC-EC の市場規模は 5,697 億円増 の 2 兆 5,559 億円(前年比 28.7%増)となった。これは物販の BtoC-EC 市場規模 8 兆 43 億円の 31.9%に相当する金額である。
平成28年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)

現在は、モバイル Web サイトでのコンバージョン率は、デスクトップのコンバージョン率のたった 33%しかないそうですが、簡単で安全な決済の仕組みの開発も行われています。
ECサイトもモバイルユーザーに向けたサイト作りを考えていかなければいけなくなってきているのではないでしょうか。

自社サイトをモバイルで確認しよう

ユーザーの多くがモバイルでサイトを利用しているのに、自社サイトの確認はいつもPCからというお客様もいらっしゃいますが、ユーザーと同じ環境で見てみないとわからないこともあります。
PCとスマートフォンでは使い勝手も見え方も違います。

スマートフォンサイトはPCサイトのおまけではありません。
あなたのお店や会社とのサイトの接点がスマートフォンかもしれません。
PCだけでなくスマートフォンでサイトを確認しましょう。

記事を共有する

この記事を書いた人

プロフィール画像

山本美代子
フリーランスWebデザイナー。
美術系大学後、情報誌の会社の制作部、Web制作会社を経てフリーランスに。
ビジネスに貢献できるサイト制作のためにUXやマーケティングの勉強中です。 ペーパープロトタイプ作成後、デザイニングインザブラウザにてUIデザインを行う制作スタイルで制作しています。